病院に一人はいる神看護師

サイトマップ

長崎の看護師求人情報TOP > 看護師の仕事にありがちな話まとめ > 病院に一人はいる神看護師


ここでは、私の勤めている病院にいらっしゃる神看護師を紹介いたします。

神業に惚れる!病院のベテラン看護師

ひとくちに看護師といっても、その実力は人によって大きく差があります。そして、どこの病院にも1人2人いらっしゃるのが…神看護師です。

ベテラン看護師のうちでも、目を見張るほど高い能力を持った神看護師。一朝一夕で追いつけるものではありませんが、ぜひとも目標にしたいですね!

アンプルを一瞬で開封する神看護師

アンプル点滴に入れる薬品をカクテルする時、アンプルを取り出して1つひとつ開封していく作業がありますよね?普通はアンプルをケースから出して、プチッと追って開けていきます。1ダース開ける時なんかは、なかなか面倒だし時間もかかるもの。

しかし、うちの病院が誇る神看護師は違います。なんと、ものの30秒くらいで1ダースのアンプルを片っ端から開封してしまうのですから!

方法自体はいたってシンプル。いちいちケースから取り出したりせず、軽く傾けて上の部分を勢いよく弾いていきます。すると、あら不思議。狙い澄まされた指は上の枝部にジャストミートし、片っ端から吹っ飛ばされていくではありませんか。

ちなみに、私が後日真似してみたところ、開封できないどころか指先を痛めてしまいました。

シーツ交換が天才的すぎて、息が合わない神看護師

シーツ交換病室のシーツを一斉交換する時には、2人1組で左右からシーツ交換をしていきますよね?

うちの病院には、この作業が目で追えないほど速くて、とてもじゃないけど同時進行で息を合わせるなんて無理という神看護師がいるんです。

特にすごいのは、サイドのシーツをマットの下に入れていくスピードです。本当にあっという間を通り越して“アッと言う暇もない”くらいです。

もし、シーツ交換の世界大会があったら金メダル間違いなしってくらいの神業。ただ、2人で同時に行う作業なので息が合わずに苦労する部分もありますが…。あと何年したら、私も神看護師の領域に近づけるのでしょうか?

Copyright © 長崎県の看護師にお届けする求人情報サイト. All Rights Reserved.