長崎県の訪問看護師の場合

サイトマップ

長崎の看護師求人情報TOP > 長崎県で看護師シミュレーション > 長崎県の訪問看護師の場合


こちらでは、長崎県の訪問看護について紹介しながら、大都市以外の地域の特徴について説明いたします。
長崎県内で看護師として働いてみたいとお考えの方は、ぜひともご一読ください。

長崎県における訪問看護師の重要性

長崎県は10万人あたりの病院数が多い県として知られており、都道府県のランキングで9位。

これは、地方都市としては充分すぎるほどの優秀な数字といえます。全国ベスト10に食い込んでいる長崎県の医療事情は大したものでしょう。

ですが、一方で長崎県は不名誉な医療事情ランキングでも7位にランクインしてしまっているのです。

それは、病院が1つもない市町村に住む人口ランキング。

長崎県は特定地域ばかりに病院が集中してしまっており、近所に病院がない地域が非常に多いのです。となると、当該エリアで定期的な看護を必要としている高齢者はどうすれば良いのでしょう?救急でもないのに遠くの地域にある病院に行くのは現実的ではありません。

そう、長崎市、佐世保市、対馬市以外の地域においては、訪問看護師の有無が非常に重要な問題となっているのです。

訪問看護師の仕事とは

訪問看護師は、訪問看護ステーションで働く看護師です。看護が必要な高齢者の自宅まで赴きケアをほどこすことが仕事。

在宅看護とはいえ、場合によってはターミナルケアまで行うこともあり、高齢化社会における重要な砦といえます。長崎県で高齢者医療に積極関与したいのであれば、訪問看護師として働くことは非常に有益だと思います。

長崎で訪問看護師をした場合についてシミュレート

訪問介護訪問看護師は基本的に日勤。とはいえ、1日に5軒・6軒と患者さんの元を回ることもあるので、決して楽な仕事ではありません。

週に1~2回は緊急呼び出しの当番になり、PHSを片時も手放せない状態になります。

胃ろうをしている重症患者さんもいますし、バルーンで排尿するなど手のかかるケアもあり、身体的・精神的な負担はかなりのもの。

仕事が終わるとグッタリしてしまうことも多いですが、一方で訪問看護だからこそのメリットもあります。

基本的には自宅から近くにある訪問看護ステーションに勤めますから、通勤の負担は少なめ。体力的に余裕がある日は、帰宅後に趣味の時間を取ることもできます。インドアの趣味をお持ちの方などは、訪問看護ステーションに勤めることで自分の時間を持つ機会が得られるかもしれませんよ。

実際、病院を辞めて訪問看護に移ってから、自分磨きを頑張っている看護師さんもいらっしゃいます。

高齢化が進むということは、医療従事者の職域が広まることでもあります。訪問看護師として、高齢化社会の今後を支えていきませんか?

Copyright © 長崎県の看護師にお届けする求人情報サイト. All Rights Reserved.